FC2ブログ

大城 滉二(興南)

興南ではおなじみの選手であろう。今大会もプレーを見ることが出来たので取り上げていきたい。
サイズなどは前回の記事に書いたので割愛。
県大会では序盤はトップバッターを任されていたが、終盤は3番打者となりどの打順でもしっかりと自分の役割をこなしていた。こういった前チームでそうでしたが、どんな打順でもその役割を果たす器用さやセンスの良さを感じさせますね。

打撃の構えは、以前よりも捕手寄りに予め引いて構えるようになったくらいであまり大きくは変わってはいません。スイングの鋭さや力感などは以前よりも出てはいますが、個人的にはそこまで大きく変化してようには感じませんでした。嵌れば長打が期待できるとは思いますが、自身の意識もあるのでしょうか?しっかりと引き付けて叩きつける打撃です。遠目の球にも届きますし、内を突いても自分で調整して捉えることができます。
既にある程度は打撃の型は出来ている選手なので、これからはどれだけ飛距離を伸ばしていくかに尽きるのかなと思います。足腰の強さはありますが、体つき見てもまだまだ細身ですし打撃やスイングを見てもまだまだ腰が据わって強く回転しているという感じでもないのでそこらへんの強さが出てくるようになると飛距離も順調に伸びてくるのではないでしょうか。
ボールを捉えるミートの上手さもありますし、対応力の高さは既にありますので確実性は兼ね備えております、それに加えてのパワーがやはり欲しいでしょうか。
県大会ではチャンスにきっちりと打つなど勝負強さは健在で、そういった場面での集中力の高さと勝負強さがあります。追い込まれても粘ることが出来ますし、打つだけではなくて粘って四球を選ぶなど状況に応じた打撃も出来て広角にも打てるので引き出しが多いですし、自分の求められている役割と今はどうするべきかを判断できる選手です。持ち前のセンスの良さに加えて、頭の良さと集中力の高さがある選手なので、個人的には心配しないでも順調に伸びていくタイプだとは思います。

守備は相変わらず良いです。決勝では珍しくエラーのシーンが見られましたが、グラブ捌きなどはホント素早く安定しています。まぁ守備は2年生では全国でも屈指でしょうね。
足を活かしてプレッシャーもかけてきますし、興南らしい観察力の高さもあり盗塁も上手くこなします。後はやはり前回の記事同様、足のタイムなどが更によくなって今以上にウリに出来るタイプになると良いでしょうね。

秋も何試合か見ることは出来ましたが、大きくは変わっていないものの順調に来ているのではないかと思います。試合などでも良い場面で打ちチームを引っ張っていますし、そのプレー振りには少しずつ雰囲気が出てくるようになりました。そういった部分が出てきたのが個人的には嬉しかったです。やはり前チームでもレギュラーで経験という点で他の選手よりもあるわけなのでチームの中で存在感を発揮しないといけない選手でもあるので。
選抜はかなり厳しくなり、自信も敗れた試合で最後の打者となり悔しい思いをしたでしょうから、その気持ちを忘れずこの冬の間バットを振り込みトレーニングに励んで欲しいですね。この経験が彼自身はもとよりチームを大きく成長させる糧になれば良いのかなと思います。
あとは、教員という目的があるようですがもしプロ志望を出せば引っかかるくらいの選手にはなれると思うので、高卒でプロを狙うくらいの気持ちと意識で日々の練習を取り組んで欲しいというのは変わらないです。それだけの選手だと個人的には思いますし、期待していますね。
この冬の間にどこまで進化するかとても楽しみです。春に大きく成長した姿を見ることが出来るのを楽しみにしています。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する