FC2ブログ

金城 賢一(エナジック)

皆さん、こんにちは。今回は社会人投手の中でも大きく注目されている金城投手を取り上げます。
金城 賢一(エナジック 177・75 左腕 )
素材としてなら社会人としてピカイチと言われ、実績さえ残せばドラフト指名されていただろうと言われる投手です。それだけに今年は更に注目される存在でしょう。
亜大とのオープン戦に先発し短いイニングでしたがその投球を見ることができたので取り上げたいと思います。

(フォーム)
ノーワインドアップから足をゆっくりと上げ、軽く溜めます。膝やつま先はファーストとセカンド方向に向けており、捻りを加えることを意識しているようです。立ち姿のバランスは良いでしょう。
引き上げた足はあまり伸ばさないですし、腰もそれほど落としはしません。腕の角度としてはオーバー気味に投げ込んできます。球持ちはまずまずかな。
腕はそこまで力強さを感じませんでしたが、肘から抜けてきますしなかなか振りはしなやかでした。肩関節周りは柔らかさを感じます。腕もしっかり振りきってきますね。
グラブは斜め方向に使えているものの、引き込むが早いので体の開き自体は早いように感じました。また、グラブ側の手の使い方がやや硬いように思います。
体の開きが早いので足の着地は早めですが、なかなか力強く踏み込んできます。踏み込んだ足元が崩れないのも良いところでしょう。蹴りあげはそれほど大きくありませんが、体重は乗ってきます。
頭の位置もぶれていないので軸としてはできている印象です。
クイックはまずまずといったところでしょうか。
個人的には思った以上にダイナミックさが無いかなと思いました。まぁこの時期ですし、先発ということもあって抑え目に投げていたのかもしれません。
フォームとしては開きが早いかなと感じますし、股関節などは案外柔軟性が無いようにも思いました。決して硬いわけではないですが。
ただ、やはりバランスは良いですし、角度もあるタイプなので本格派の左腕ですね。

(投球)
腕の振りにそこまで力感を感じさせないものの、直球は常時140前後と球速はなかなか出ていました。球質的にはキレ型で亜大の各打者も差し込まれており、直球を捉えることができておらず高めのボール球も振らされていました。やはり直球にはなかなか迫力があるのだと思います。
変化球はスライダー・カーブを確認。比率的にはカーブが多めで、球速差もありますし、まずまずキレは良かったです。スライダーはややドロンとした感じで、悪くはないですが空振りを奪うほどのキレではなかったです。ただ、プロを意識するのであれば。もう少し変化球の精度・キレを高めていく必要があるかなと思います。現状では直球くらいしか通用しないのではないでしょうか。
左腕ですが、オーバー気味に投げてくるので左打者にとってはそれほど嫌らしい球筋ではないかなと思います。そういうこともあってスライダーなどのキレを増していく必要がありますね。
制球は破綻が無いですね。いわゆるクロスファイヤーもズバッと決めてきますし内も厳しく突くこともできるようです。ただそこまで細かい制球を誇るわけではないですが、ストライクが入らないわけではないので投球に関しては安心して見ていられる投手ではないでしょうか。

(その他)
牽制は左腕らしく上手いです。フィールディングに関しては分かりませんでしたが、まぁこれほどまで野球を続けている投手なので問題はないでしょう。
社会人投手として経験も積んでいるので自分の間合いで投げているように感じますし、マウンド捌きは悪くない投手だと思います。

(まとめ)
僅か3回なので良く分からない部分もありましたが、ドラフト候補としてマークされているだけの片鱗をうかがい知ることができました。もう少し仕上がってくるともっと良い球を投げてくるのではないかなと思います。
投手としては流石の直球のキレでしたが、変化球に関しては全体的に物足りなさが残るのでそういった部分を如何に磨いていくかがポイントになるかなと思います。また、開きの早さも課題ですね。
とはいえ課題こそあるものの、社会人の左腕としては屈指の素材でしょうから、どこまで成長するか楽しみです。
今年はプロ入りを目指す年なので、実績を残す必要があるでしょうし本人もそれを自覚していると思います。そういった重圧のなかしっかりと結果を残してプロに行ってもらいたいですね。
活躍を期待しています!




スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

練習試合

沖縄大    000000000  0
エナジック  10110011×  5

エナジック:森嶋ー久高ー吉田ー金城
1回裏、エナジック3番、宮城充インコースストレートライトポール際にソロホームランで先制。
3回にもエナジック1番、照屋丈二がセンターオーバーの3ベースヒット
4回エナジック、浜崎のライト線への3ベース、キャッチャーのパスボールなどで追加点。
7回エナジック1番照屋丈二 三遊間ヒット
2番;送りバンド
今日ホームランを打っている3番宮城充がセンター前へはじき返し今日3打点。
9回からは金城賢一を投入、3人で締めくくった。
今日は、照屋、宮城と宜野座パワー全開の日だったなぁ。
沖大については、エース山城、二番手金城兵理、期待のよへな巧、九州地区選手権を前に順調に調整が出来ている様子、伊波、比嘉(陽)も登板させていますが、厳しいでしょう。
沖大投手陣、左が1年の石川幹久しかいない状況
明らかに戦力不足の感は否めないですが、チーム一丸となって戦ってくれると思います。

今日のヒーロー
エナジック:3打点の宮城充と言う意見が多いでしょうが、地味ですが、1番ライト照屋丈二を紹介
照屋丈二#21(宜野座高ー東京情報大)
強力打線の核弾頭:リードオフマンとして申し分無い働きをしている。走攻守三拍子揃った好選手。
構えは、ゆとりのある、どんなコースでも対応出来そうだ。今日の試合では下半身の回転がやや足らず、重心も右足に十分乗りきっていない印象を受けないでもないが、2打席目でセンターオーバーの大飛球を打てるあたり流石というべきだろう。打撃を捕らえた後も素早くスタートし、自分が打つことだけではなく、走者としての役割を担っていることを自覚してる気持ちの表れだと思う。相対的に欠点の無いフォーム。自分の立場、役割を十分に分かっているし、技術的にも年々成長、その存在はチームにとっても心強いはずだ。これからますます活躍取り上げる機会の多くなる選手になるだろう。

Re: 練習試合

> 程順則(チムグクル文化)さん、いつもコメントありがとうございます。

精力的な観戦頭が下がります。
また情報ありましたらよろしくお願いします^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する