FC2ブログ

映像から考える!5(嘉弥真 新也編)

皆さんこんばんは。
ドラフト指名された嘉弥真投手の映像がありましたので、それをもとに考察していきたいと思います。
身長は170ちょいくらいと小さめの体格ですが、思った以上に力強い腕の振りをするのが印象的ですね。




ノーワインドアップから足をややゆったりと高めに上げます。膝やつま先もセカンドベースの方向に向けるなど、予め最初の段階で捻りを加えることを意識しているようです。
足をあまり伸ばさず、腰もあまり落とせないフォームですが、しっかりと胸を張って投げていることで状態がそり腕を体に隠すことができています。
テイクバックは体の内側からとることができており肩関節自体は柔らかさを感じさせますね。肘は一応鋭く使えるという感じでしょうか。オーバーから投げ込んできており角度をつけることを意識しているようです。
グラブは打者と正対気味ですし引き込みの早いので体の開きはやや早いように感じます。ただ、腕を投げ下ろすような振りでもあり肩関節も柔らかさがあるので、それほど出どころは見えやすいようには感じません。
しっかりと腕を振るのはいいですが、下半身とあまり連動しておらず少し肩で投げているような印象を受けますね。また、腕のしなやかさはそれほどのように思います。
球持ち自体はまずまずといったところ。すごい繊細なタイプではないですが、しっかりとリリースの瞬間も意識して投げているように思います。
着地は間を取れておりますし悪くありません。もう少し体重が乗るようになれば良いかなと思います。
グラブをしっかりと抱えておりますし、頭の位置もそれほど動かないので投げ終わりのバランスは良いですね。

下半身はまだうまく使えないので弱さも感じますが、比較的オーソドックスで纏まっているフォームだなという印象です。特に大きな癖もなく少し修正を加えるだけで十分でしょう。
ただ、体格もそれほどの彼がオーソドックス気味のフォームでプロの世界で勝負できるのか?とも感じますね。
さらに映像を見る限り直球の球威・球速はそれほどでもないので、やはりまともに勝負していくとちょっときついかなとも思います。

おそらく最初の段階は中継ぎなどで勝負していくことになるでしょうから、まずは直球をプロの水準まで引き上げることが求められると思います。そして、そこから何かしらの武器を一つ磨いていくことが大事になるのではないでしょうか?今の段階では総合力としてやや物足りなさも感じてしまう部分もあるように思います。
大きく環境が変化しますが、ここまで野球を続けプロ入りを勝ち取った不屈の精神でプロ入り後も進化し、結果を残して欲しいですね。一軍で活躍する姿を早く見たいです。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する