FC2ブログ

佐藤 拓也(浦和学院) 投手編

皆さん、こんばんは。

今回は選抜の出場選手の中でも屈指の野球センスを誇る佐藤選手の投手としての部分を捉えていきたいと思います。
佐藤 拓也(浦和学院3年 171・71 右・左 投手・中堅手)
小柄な体格ながら高い身体能力と屈指の野球センスを持っている選手です。
個人的には是非とも高校からプロ入りして欲しい選手の一人ですね。

(フォーム)
ノーワインドアップから足をすっと上げ、腰をしっかりと落としてオーバー気味に投げ込んできます。
ぱっと一目見ても気になるところはないですし、オーソドックスとも言えますが纏まったフォームという印象です。
やや沈み込みが深めで、重心が低いのが特徴でしょうか。
グラブは斜めに使い体の開きを押さえ、出所を見えづらくしようとする意識がうかがえますが、やや引き込みは早いかなと感じるので思った以上の効果は出ていないかもしれません。
肘からきれいに抜けてくる腕の振りはなかなか良いですね。力強く腕を振るというよりも、しっかりと腕を振ることを心がけているような印象を受けます。そのためリリースなども安定していますし、球持ちも良く打者に近いポイントでボールを離すことができています。
体重もまずまず乗ってきますし、右足の蹴り上げも大きく小柄ながらも体を大きく使い投げることができているのではないでしょうか。
グラブも抱えられており等級フォームのバランスがよく、投げ終わりも崩れません。
上にも書いたようにオーソドックスゆえに特に気になる部分はなく、あまり大きくいじる必要はないかなと思います。球筋は平面的ですが、小柄な体型ですし無理に角度をつけることを求めなくても良いかもしれません。
ただ、全体的にリズムが単調な部分も感じるのでそこは少し修正して言って欲しいですね、

(投球面)
直球は出ても130後半くらいとそれほど見栄えがするものではありません。
ただ、曲げようと思えば140超は投げれる身体能力は持ち合わせていると思います。スピードをそこまで追求しないのは、球速を出さなくても抑えられる自信があるのと連戦を見据えるとスタミナ面での消耗を抑えたい意識があるからかもしれません。
130そこそこの直球ですが、球の勢いはなかなかありますしそのキレや球威は悪くありません。
また、綺麗な4シームと少し癖球気味に動くムービング系の直球を意識して投げわけているように思います。ここらへんの上手さがそれほど球速がなくても抑えられる要因かもしれません。
変化球はスライダー・カットボール・チェンジアップ・カーブと豊富で、どれも遜色なく投げ割れることができております。
ただ、そのキレや曲がりなどはどれも平均的で球種はありますが、決め球といえるほどのものはないかなと思いますね。
投球の特徴としては低目に直球と変化球を丹念に集め、打者を打ち取らせることを狙いとしている組み立てです。そういった組み立てなので球速を求めていないということもあるかもしれません。
投球は決して面白みや凄みはないですが、安定感がありますしそこまで崩れないので計算がしやすい投手だと思います。

(その他)
この選手のすごいところは、打球への反応と判断の良さですね。非常に早いですし、落ち着いて処理します。
こういった点を見ると内野手としての適正も高いかなと感じます。
マウンドでも終始落ち着いており、投手としての自分の持ち味を理解しそれを冷静に発揮するなど精神的にも強さがありますね。マウンド捌きも安定しているなど、野球センスの高さを感じますし、頭のいい選手なのだろうなという印象を受けます。

(まとめ)
確かに投手としての力はありますが、将来的な視点で見るとあまり面白みは感じません。
やはり、その身体能力や高い野球センスを考えると将来性では断然野手だと思います。
そういった点を打者編では見ていくつもりです。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する