FC2ブログ

宇良 淳(沖縄尚学)

こんばんは。
今回は来春の選抜に出場する沖尚の2番手投手である宇良投手を取り上げたいと思います。
あくまでも、夏の映像を見てのものということを踏まえて読んでいただければなと。
宇良 淳(沖縄尚学2年 170・66 右・右 投手)
中学時代は県制覇も成し遂げたこともあり、この代の選手の中でも目立っていた選手のようです。
小柄ですが、肩も強く足などもかなり速いようで身体能力も抜けているものがあるとか。
いかにも沖尚の右腕と感じますが、どこまで能力を高めていけるか楽しみですね。

(フォーム)
セットポジションから背筋と足を伸ばし、ゆったり目に左足を挙げ軸足に体重を乗せる沖尚らしいフォーム。
バランスは悪くありませんし、体重を軸足である右足にしっかりと乗せることができていると思います。
捻りはやや浅めにし、足を軽く伸ばし腰を落としてオーバーから投げ込んできます。
腰をしっかりと落していますし、元々小柄でもあるので重心は低めのフォームかなと感じますね。ただ、左足は前目に移動させることが出来ているので投球の間合いはそれほど悪くありません。
グラブ側の手は大きく斜めに使うことができており、体の開きを抑えることができています。引き込みもまずまず力強いですし、体は小柄なこともあり体全体を使う意識があるのかなと思います。
テイクバックは平均的といったところ、個人的にはもう少し肘を上げて腕の回旋が出来るようになれば良いのかなとは思います。あと、好みの問題ですがテイクバック時に手首をこねる動作はあまり好きじゃないですね。あまり意味がある動作だとは思わないんですよね。ま、完全に好みなのですがw
肘から抜けてますし、手首のリリースなども柔らかさを感じます。沖尚の右腕はこういったところはきちっと指導されてますね。腕の振りも鋭く、腰の回転もしっかりとできており体全体で回転して投げることができています。
球持ちもまずまず良いので、制球も比較的安定していますし低め集める投球もできる投手ですね。
踏み込んだ左足も地面を掴むことができていますし、体重を乗せることもできています。体重移動に関してはそれほど問題はないかなと。
グラブも最後まで抱えられており、投げ終わりのバランスは崩れていません。
頭の位置もぶれないので軸はできていますね。
沖尚らしい纏まったフォームです。特に、問題はないのではないかなと思います。あとは型ができているので肉付けをしていけばというとこでしょうか。
ただ、個人的な意見ですがこのフォームはセットからだと全体的にリズムが単調なので振りかぶって投げたらいいのではないかなと感じるんですよね。
良くも悪くも癖がなさすぎるんですよ。


(投球面)
直球は最速だと130後半は出るのかもしれませんね。
投げている球を見ると、小柄ですが球の威力は中々良いものがあります。この点では、左腕の比嘉よりもずっと上ではないでしょうか。勢い・球威はまずまずです。
変化球は横のスライダー・縦のスライダー?・チェンジアップでしょうか。横スラは変化や制球なども安定しており精度は悪くないですね。カウントも稼げるので投球の組み立てには重宝しているようです。
縦スラは変化は悪くないのですが曲りが早すぎるので見極められるケースが多いのではないかなと思いますね。
チェンジアップもまずまずといった感じ。
細かい制球はないですが大まかに投げ分けができるようですし、直球・変化球とも安定はしているので投球には困らないタイプですね。
ただ、幅はあまり無いのでそういった点は課題でしょうか。


(その他)
牽制やフィールディングなどについてはわからず。
中学時代からマウンド経験豊富なようなので、結構修羅場もくぐってきているのでしょう。マウンド捌きは安定しており、自分の間合いを持って投げていました。また、決勝は緊張する場面での登板でしたが投球自体は落ち着いて出来ていたと思います。
失点は彼の責任では全くないですし、実際に打たれていたわけではありませんからね。


(まとめ)
小柄な投手ではありますが、センス・身体能力は高いものがあり力はあります。
沖尚メソッドの纏まったフォームに仕上がっていますし、投球には課題こそありますが大きな問題はありません。まだ線が細いので、もう少し体つきが出来てくるともっと球威のある球を投げられるのではないでしょうか。
しかし、まだ伸びていく余地があるとはいえこの体格なだけに将来的にはやはり野手として見られるのではないかなと思います。
選抜ではそういった面にちょっと注目してみてみたいですね。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する