FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知念 佑哉(沖縄尚学)

皆さん、こんばんは。

今回は神宮大会で活躍したという沖尚の知念選手の映像があったのでそれを基に取り上げてみたいと思います。
知念 佑哉(沖縄尚学2年 166・63 右・左 中堅手
神宮大会の初戦では4安打を放ち、守備でも捕殺を見せるなど攻守に存在感を示しました。
小柄ですし、2番打者を任されているプレースタイルを見ても如何にも俊足巧打の外野手という印象ですね。
しかし、身体能力も非常に高そうですし何よりセンスに優れた選手です。


(フォーム)
足を肩幅に開き気持ち分足を開きスクエアにし、腰を落として構えます。背筋も伸ばしていますし、腰の落としも妥当というところでしょうか。グリップの位置は耳のあたりと高めですし、やや深めに捕手寄りに引いて構えます。
バットを軽く揺らし、踵を浮かせながらリズムをとるタイプで、投手が足を着地させる直前で始動しスイングしてきます。比較的始動が遅めなのは2番打者というところからの意識でしょうか。
スイングは迫力が感じさせるタイプではないですが、コンパクトにインサイドアウトといったところでしょうか。この選手の特徴はリストの柔らかさを持っているということですね。コースに応じてバットの軌道などを上手く変えることができていますし、こはのミート力の高さは非常に魅力的です。
また、それでいて大振りせずコンパクトに結構無駄を排除したメカニズムになっている印象ですね。
課題としてはやはりもう少し強く押し込めるようになればというところでしょうか。鋭い打球を放ってはいますが、コンパクトに軸回転をしてスイングしているのでバットに上手く乗せることができているからかなと。もっと打球を押し込めるスイングになるとかなり面白い打者になるのではないかなと思います。
膝も非常に柔らかく使える打者で、多少タイミングが崩されても下半身の粘りと膝の柔らかさで上手く体を残すことができているんですよね。そのため、難しいコースや変化球でも上手く食らいつくことができるので、相手投手からすると非常に打ち取りづらい打者だなと感じるのではないでしょうか
こういった点は教えても身に付けられない部分だと思うので、センスあふれているところだと思います。
踏み込んだ足元の踏ん張りもまずまずといったところ。膝やつま先も開きが抑えられているのも、上半身が大きく崩れない要因だと思います。
頭というかあごの位置が上がることも散見されるので、そこは抑えたいところですね。
途中でバスターにしたりするところを見ると、自分の持ち味を考え、それをいかに表現するかを考える選手なんだろうなと思います。基本的には自慢のミート力と脚を活かした打撃スタイルですね。
フォームに大きな欠点はないですし、リスト・膝の柔らかさは素晴らしいです。あとはこれに強靭さを兼ね備えて欲しいですね。柔らかいだけではなくしなやかになればなと思います。

(打撃面)
2番打者という立ち位置を任されていることもあり、小技を兼ね備え状況に応じた役割を果たせる非常に技術の高い選手です。
どちらかというと強打でイケイケなところもある諸味里との1・2番コンビは組み合わせ的にも面白いですね。ほかのチームであれば1番打者を任されるタイプにも思いますが、彼が2番にいることの意味はチームの中でも大きいのではないでしょうか。基本的にいろんなことができるタイプの選手だと思いますので、地味な存在ですがチームの中での役割は非常に大きいでしょうね。
選球眼も良く、ミート力もあるので粘り強さも備えていますし、進塁打やバントなどもこなせるのでもっとも安心してみていられる選手だと思います。

(守備・走塁面)
足は映像見ても非常に速いなと思います。最初の打席ではサードゴロでしたが、加速が速いですね。セーフティーにしてもあれだけ余裕を持ってセーフになるのですからかなりの俊足だと思います。
盗塁などに関しては分かりませんが、全体的に見てもセンスが良いので盗塁も上手いのではないかなと。
守備も足が速いこともあって守備範囲は広いですし、余裕を持って落下地点に入ることができていますね。反応やカンの良さについてはよく分からず。
捕殺を見ても地肩もかなり強いのではないかなと思います。送球も低くて速いですし、コントロールも良いので外野守備に関しては高校生レベルで見ても上位のレベルに入るのでないでしょうか。
守備・走塁のレベルも高いのは非常に大きな武器になると思います。

(まとめ)
柔らかさを兼ね備え高いミート力を誇り、小技や状況に応じた打撃をこなせるなど地味ながらもチームにとっての貢献度は高い選手。また、守備力も高く足も速いなど、走攻守が非常に纏まっています。
身体能力も高いですし、センスも溢れる選手ですね。
ただ、身体的に見てもタイプ的にもドラフト候補になるタイプでは現状はなく大学へ進学して・・・といったタイプかなと。大学は是非とも中央の大学へ来てほしいですね。
これからどう伸びていくか楽しみですね。春・夏と力強さを増してきてほしいです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。