FC2ブログ

お久しぶりです。

おはようございます。
お久しぶりです。

オフシーズンでネタがあまりないことに加え、年末から3月末までは仕事のほうが忙しいこともあり中々更新できませんでした。
更新できるタイミングもありましたが、あまり気が進まずここまでずるずる来てしまい・・・。
せっかくブログを開設しているのですから、もう少し頑張らないとなと反省しています。
今年は、東都2部を観戦に行きたいなとは思っています。
ただ、東都は平日開催ですし仕事している者としてはハードルが高いんですよね。なので、OP戦の情報が入ればある程度優先的に観戦に行こうかなと思ってます。
なぜ東都2部かというと、東農大の外間や国士舘の島袋・池原・當銘などをまだ下級生の段階ではありますがちょっとチェックしたいなと。個人的に外間・島袋・當銘は最上級生になったら結構注目されるのではないかと期待しているので、そういったとこも含めて今の段階で見てみたいんですよね。外間に関しては既に正捕手ですし、島袋や當銘も出場機会も多かったのでどこまで成長しているか楽しみではあります。

あとは、山梨学院大の田中を確認したいのですがここもあまり情報が出てこないのでちょっと難しいかもしれません。
田中と聞いてあまりピンとくる方は多くないかなと思いますが、八商工出身で興南・島袋らや糸満の宮国・島袋と同世代の捕手です。高校時代は目立つ選手ではなかったですが捕手としのセンスや総合力では県内でも屈指の選手でした。肩も強くリードも上手い選手だなと感じていました。彼は高校時代一度しか試合は見ていないですが、それでも結構強烈に覚えてますね。相手が糸満だったので正直、島袋なんかより捕手としては全然良いなと思った覚えがありますw
大学に進学して注目を集めつつあるらしいので彼も一度確認してみたいですね。

地方大学の選手で見たいといえば、やはり富士大の多和田・山川・天願はOP戦で確認したいです。
まぁ多和田フリークの私としては彼を見れるタイミングがあれば必ず行かないといけないと勝手に使命感を抱いてますのでw高校時代から東浜・宮国よりも多和田を推してきたものとしては彼の成長がホント楽しみです。ただ、怪我には本当に気を付けてほしいですけどね。
山川に関してはドラフト指名されるかという年なのでどういう結果を残すか楽しみですね。観戦した試合では結果を残していないこともあってあんまり評価はできないですが、持っている能力は確かであることは間違いないと思うので最終学年でどこまで高めていけるのか注目していきたいです。
あと、新入生で浦工の久手堅・手登根が入ってくるらしいので彼らの成長も楽しみですね。久手堅は先輩に多和田がいるのでお手本にして伸びて欲しいですし、手登根は富士大のイメージに合うタイプの選手なのでのびのびとしつつもしっかりとその大器を開花させて欲しいです。

中央で言ったら、中大や立教が気になりますね。
島袋は今年こそは怪我なく一年間投げ切って欲しいですし、投手陣の柱であることは間違いないのでチームを優勝まで導く活躍を期待しています。あと、神里も1年から出場機会に恵まれていますしどれほど成長したか楽しみですね。まぁ昨シーズンの成績は自分でも納得していないはずなので、春からは大暴れしてチームを引っ張って欲しいです。身体能力も高く華のある選手なので、プレーの精度などをもうワンランク上げれば十分プロを狙える器の選手だと信じていますので。
あと、中大は山元が副主将になっていますし沖縄出身の選手が多いので春は見に行かないといけないですね。
立教は我如古・大城がいるので是非とも二人が出場している試合を観戦したいなと思っています。我如古は大学に入って打撃に苦しんでいる印象なので、きっかけさえ掴めば大きく飛躍できるんじゃないかなと思います。
大城は1年ながら昨シーズンはレギュラーショートとして活躍するとは思ってもいませんでした。打撃・守備・走塁と十分手ごたえをつかんだと思います。今年もどれほどの成績を残すか楽しみですね。順調にいけば彼もプロにいける器だと思うので期待したいです。
中大と立教は三月下旬辺りにOP戦が組まれているのでここは確実に観戦したいですね。

昨年は東浜と川満がドラフト上位に指名されて盛り上がりましたが、今年も山川・嶺井がいますし、来年は二人の島袋と田中、再来年は多和田・花城・大城・神里・當銘・外間など楽しみな選手が多いです。
特に再来年組は思い入れもある選手も多いですし、純粋に楽しみな選手が多くいる印象ですね。まだ、私が沖縄にいたときに多く見ており、春夏連覇した後の代の選手だったのでこの世代は不作だとも言われてましたが、個々だけ見るとメンツ的には非常に面白い選手がそろっていた印象でしたので、そう感じていたのは間違いなかったなと思います。
まぁいずれにしても各選手の成長が非常に楽しみです。球場で活躍している姿を多く伝えられたらなと思っています。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する