FC2ブログ

観戦記・明治大ー関東学院大(オープン戦)

みなさん、こんばんは。

WBCがあり、各地でプロアマ問わずオープン戦の時期になりましたが仕事などが忙しく中々見れませんでした。
気が付けば今週末には選抜が始まるんですよね。
んで、今日ようやく私も球春到来となりましたので観戦の内容をここに記していきたいと思います。
関東学院 5-4 明治(8回途中)

スタメンです。
 関東学院        明治
1春原         1宮内
2土倉?        2荒木
3植松         3糸原
4根北         4中嶋
5古賀         5菅野
6横倉         6西岡
7伊禮         7石畑
8中村         8西村
9正木         9福島


投手
関東学院 野口、森ー中村
明治   岡、川口、星、山崎ー石畑


そろそろシーズン開幕も近いのでお互いフルメンバーに近いのかなとは思いました。
特に関東学院は試合開始前に首脳陣が絶対勝つぞ!!などと結構発破をかけていたので恐らくフルメンバーではないでしょうか。

明治の先発が岡と聞いて、ドラフトで注目されている右腕の方かと期待したら左腕の方でちょっと残念でしたw
その岡が立ち上がりから球にバラつきがありますし調子が悪そうな印象で、先制点も左腕なのに右打者の背中を通る大暴投で献上するなど良いとこがなかったですね。2回に2アウトから3ベースを打たれたとこで新入生である川口(国学院久我山)にスイッチ。
川口は力強い球を投げ込むなどさすがドラフト候補に挙がった投手との印象を伺わせましたが、球の威力はあるもの直球とスライダーのコンビネーションだけで単調ですし、投球にメリハリがなく上手く纏められない投手だなという印象。3回には2失点するなど先輩方は簡単には抑えられないなと感じたのではないでしょうか。勢いだけで抑えることができた高校野球とは違ってもう少し総合力を高めていかないとリーグ戦ではきついかもしれないと感じましたね。ただ、再三走者を背負う投球でしたが集中を切らしませんでしたし、思った以上に粘り強いんだなと。
川口の後を受けてマウンドに立ったのが同じく新入生で昨年の関東NO1投手といわれた星(宇都宮工業)。投球練習から気になってちょくちょく見ていましたが、照屋(浦添商業)と同じように腕と腰の回転が非常に強いフォームですね。下半身はそれほど堅さはないですし、上体投げというほどではないですが個人的な好みではなかったです。高校時代には150近くマークしていただけあって球は非常に速いです。登板直後は直球で押しまくってもかすりもさせず三振を奪うなど快速球ぶりをアピールしていました。
しかし、川口と同じようにいやそれ以上に勢いにかまけた投球でもあるので、それが出来なくなってくるときついかもしれませんね。現状は短いイニングでのリリーフ専門のほうが持ち味を発揮するように思います。
4番手は左腕の山崎を1イニングだけですが確認。投手としてのバランスや総合力では今日登板した中でも1番でしたね。フォームにも癖がありませんし、直球のキレや勢いなども申し分なかったです。もう少し長いイニングの時にどういう投球をするか見てみたかったですね。

関東学院の先発は小柄な左腕の野口という投手でした。スライダー・緩いカーブ・スクリュー・ツーシームなど多彩な変化球を駆使しますし、ストライク先行でカウントも安定した投球ができるので、いかにも小柄な技巧派左腕という印象ですね。
とはいえ、球の威力には物足りなさを感じるので多少相手打線になれられるときついかなとも思います。もう少し直球にキレがほしいですね。あと、案外甘く入ってくる球も多いのでそういった部分は修正が必要でしょうか。
しかし、間の取り方や緩急を思い切って使う投球術は見ていて面白かったです。7回途中4失点ですが、ある程度先発としての役目を果たしたのではないでしょうか。
もう少し球の精度を上げて打たせて取る投球に徹しきればリーグ戦でも信頼される投手になると思います。
同点のピンチで野口の後を受けたのは右腕の森。こちらも小柄ですが、気合の入った投球で見事に後続を抑えます。今日は2人の投手しか見ていないですが、関東学院の投手陣は結構実践的なタイプが多いのかもしれませんね

まずは関東学院から野手で目についた選手を上げていくと、5番打者の古賀(佐賀商業)打席での立ち姿や所作にセンスを感じさせます。実際に打撃でも見れた打席ではすべて芯でとらえた打球を放っていましたし巧打者タイプではありますが、スイングも力強さを感じミート力も高いです。打球が上がるタイプではないですが、鋭く力強い打球を放ちますし、守備も安定しておりバランスの取れた選手ですね。社会人などで実績を積むと面白いかもしれません。
そして、春夏連覇した興南のメンバーでもあった伊禮。今日は3安打を放ちましたし、星からは勝ち越しの3ベースタイムリーを放つなど相変わらずの勝負強さを発揮しておりました。打撃自体は高校から大きく変わっている印象はないですが、着実にレベルアップしているなと感じます。右手で最後までしっかりと押し込みができているので詰まっても内野の頭を超えたり打球が一伸びするんですよね。表情などを見ていても高校時代と変わらず野球にストイックに取り組んでいるんだなと感じました。これからも息の長い活躍を期待したいです。

明治の印象に残った野手としては宮内(習志野)ですね。高校時代から派手なことをする選手でしたが、この試合ではエラーしたと思えば好守を見せたりあっさり三振した次の打席では文句なしのホームランを放つなど、一つの試合なのに波があるというか良くも悪くも天才肌の選手だなという印象ですね。個人的にはプレーの軽さが気になるではありますが、華がある選手であることは間違いないので最終学年が楽しみです。
そして5番打者である、菅野(東海大相模)。ほかの打者がイマイチ野口にタイミングが合ってないなか、一打席目から鋭い当たりを飛ばすなど一人だけタイミングを掴んでいましたね。左打者ですが、対左でもそれほど苦にならないタイプなのかもしれません。こちらも巧打者タイプですが一定以上の打力はありますしまだ2年生なのでこれからの成長が楽しみです。

久しぶりの野球観戦は楽しかったです。明治のグランドは家からも結構近いですし、これからもちょくちょく使うことがあるかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する