FC2ブログ

與那原 大剛を分析する!

こんばんは。
今日は與那原投手のフォーム映像があったので、その映像をもとに與那原投手を分析したいと思います。


190センチの大柄な体格ではありますが、体への負担が大きそうなトルネード気味に投げるので体幹などは比較的強いのでしょうね。
ノーワインドアップから足をゆったりと高く上げ、さらに膝を二塁方向へ向け深くひねりを加えます。
軸足の膝には余裕を持たせており、背筋もある程度伸ばせているので体重をしっかりと乗せることができているでしょう。また、打者に背中を見せるほど深くひねりを加えていますね。
そのまま左足をピンと伸ばし、腰を軽く落としオーバーから投げ込んできます。
テイクバックは小さ目で、肩の回旋や腕のしなりなど悪くはありません。肘も鋭角に使え、手首も柔らかく使えることができております。
球持ちもまずまず良いのではないでしょうか。
腕の振りは力強く振るというよりも、しっかりと振ることを意識している印象ですね。
ステップ幅はやや短めで、足の着地はやや速めですね。個人的にはイマイチ下半身と上半身が一致していない印象で、体の回転のほうが早いため、ボールに体重をのせることができていないのではと思います
そういった点は下半身の弱さがあるのかなと。
グラブ側の手は斜め上方向へ向けてはきますが、そこまで大きくは使っていません。
上方向へ使っているのを見ると、腕の振りと体の回転を大きく使おうという意識があるのかもしれません。そういった点が、やや上半身主導のフォームとの印象を受ける要因なのではないでしょうか。
軸足に体重を乗せることはできており、軸足の蹴り上げも大きくので躍動感を感じさせます。
グラブはあまり抱え込まず、後ろに引くタイプ。腕の振りと体の回転は縦なので、軸は崩れず投げ終わりのバランスは崩れていません。
ただこういった点をみても、やはり腕と体を大きく使おうという意識があるのかなと。
頭の位置はそこまでぶれないので、軸はできている印象です。

フォームを分析してみると、まだ下半身に弱さがあり粘りには欠けるかなというとこは感じますね。まぁこれだけの体格なので、高校時点で体を作るのは難しいでしょうから、これからのトレーニングで身に着けて欲しいです。
また、本人の意識として腕の振りと腰の回転を強くすることに主眼を置いているのかなと思います。
ただ現状のフォームだと、直球の球速は出ても球威や球の力強さにはやや欠けてしまうのではないでしょうか。個人的には球速ほどの凄味のある直球ではないのかなと思います。
変化球は一通り投げられ、制球も悪くないとのことなので指先の感覚も良いのでしょう。
また、間の使い方やマウンド捌きも良いと聞いており、投手として筋の良さがある投手とも聞いています。

普天間という強豪校とは言えないチームで、自分をしっかりと高め指名されるほどの投手に成長したのですから頭も良いでしょうし、自分のことを客観的に見て分析できる能力がある投手だと思います。
プロに入ると今までとは大きく環境もレベルも違う状況になりますし、戸惑うことは多いでしょうが少しずつでも多くのことを吸収し成長していってほしいですね。ポテンシャルは非常に高いものがある投手なので、ある程度は長い目で育ててほしいなと思います。
まず1年目は、しっかりと体とフォームを作り活躍する土台を徹底的に鍛えてほしいです。
プロでの長い活躍を期待したいです。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する